スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

東京大学は東京電力より5億円をもらいうけて原発を擁護?

 2011-03-29
純丘曜彰 教授博士(大阪芸術大学 芸術学部哲学教授)によると東大は水俣病のときも水俣病研究懇談会、通称「田宮委員会」を作らせ、腐った魚を喰ったせいだ、などという腐敗アミン説をでっち上げ、その後の水俣病の被害を拡大し続けたという前科があるとのことです。そんなことはじめて知りましたよ!東京大学ってそんな大学だったのか・・・。がっかりです。

今テレビに出ている東大教授の意見は真に受けるのは危険です。なんせ水俣病の例があるわけですから。それにしても東京電力も全国の有力な大学に金をばらまき買収工作を行うくらいなら原発の安全対策に金をかけるべきなのに。

ニュースソースはこちらです。http://www.insightnow.jp/article/6430
スポンサーサイト

食料の次は水が不足 どうなる日本?

 2011-03-25
福島第一原発事故の影響で関東の水道水が放射能で汚染されるという事態になりました。西日本でもお店から飲料水のペットボトルが品切れ状態です。

原発事故は収まるどころか徐々に悪化しつつあるような・・・。いったいどうなるやら。

オール電化は環境に優しいどころかただの電気の無駄遣いだったのかも・・・。

 2011-03-23
東京電力が、オール電化住宅の普及を推し進めた結果が今回の電力不足に拍車をかけているとのニュースがありました。この3年間でオール電化の戸数が倍増し、最大で原子力発電プラント2基分にあたる約200万キロ・ワット分の電力消費能力が増えた可能性があるとのことです。

原子力発電プラント2基分も電気を消費するとは・・・。すごいですね。オール電化の住宅は2002年3月末時点で1万3000戸だったのが、2010年末には85万戸以上に倍増したとのことです。環境に優しくエコなオール電化のはずが、結局は原子力発電頼みの電気の無駄遣いだったのですかね・・・。

東日本巨大地震で思ったこと。

 2011-03-23
東日本巨大地震で亡くなった人の中には津波を携帯で撮影しようと海岸に向かった人たちや避難を拒否した人たちも少なからずいたようです。政府の初期の対応を見ていても日本人の現実感の喪失、危機感の欠如を感じさせます。

アメリカ政府は地震の被害の詳細もわからない一日目の段階で空母の派遣を決めるなど危機管理能力の高さを見せました。それに比べて日本政府は・・・・。まあ愚痴を言っても仕方がありません。

ただ今回の地震はまだ序章に過ぎないのではないか?と思います。江戸時代にも今回のような巨大地震が起こったのですが、それは東海地震・東南海地震・南海地震の3つの巨大地震が連動して発生して富士山の爆発まで引き起こしたと記録にあります。・・・・想像するだけで恐ろしいですが、地震が起こらないことを祈るのみです。

個人でできることは限りがありますが、東海や西日本の太平洋側に住んでいる人は津波に備えて避難場所の確認、そして防災グッズの用意はしておきたいですね。

今回の巨大地震後の被災地への救援の遅れを見ていると食料や水の備蓄は3日間では不十分ということがわかってきました。個人の備蓄だけでなく自治会や学校、病院にも防災グッズの貯蔵が必要でしょうね。







≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。