スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島原発3号機の爆発は核反応によるものだった

 2011-05-31
思った以上に事態は深刻です。即発臨界と呼ばれる厳密には核爆発ではないが、それに近い核反応が福島原発3号機で起きたのは間違いないようです。爆発によって飛散したプルトニウムがハワイで観測されたという情報もあります。

日本では福島原発周辺、浜通りや南相馬市などがプルトニウムが相当飛散したのは状況から推測すると間違いないようです。でなければ、枝野長官がフルアーマー装備をするはずがないとのこと。

アメリカの空母が横須賀から佐世保に避難したり、各国の大使館が西日本に避難したり、外国人が成田空港に殺到して日本から避難したり、アメリカ政府が在日米国人にヨウ素剤を配布したのは事態の深刻さを理解していたからです。

日本人だけが「おおげさだな~」「米軍も臆病だね」と馬鹿にしていた人も多いと思います。

でも、それは日本人だけが事実を知らなかったらですね。どうやら馬鹿は情報源を持たない日本人だったようです。

どこの国の政府も自国民の安全を考えた対応をしていました。日本政府を除いては・・・・。

以下の記事が情報や動画をまとめてあるので参考にしてください。

(訂正)福島原発三号機は水素爆発によって即発臨界を起こしていた!?
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://jijinewsarekore.blog134.fc2.com/tb.php/194-53a73d48
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。