スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発の作業員が急性白血病で死亡

東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。

 東電によると、男性は関連会社の作業員で8月上旬に約1週間、休憩所でドアの開閉や放射線管理に携わった。体調を崩して医師の診察を受け急性白血病と診断され、入院先で亡くなったという。東電は16日に元請け企業から報告を受けた。事前の健康診断で白血球数の異常はなく、今回以外の原発での作業歴は不明という。【林田七恵】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110830-00000040-mai-soci

因果関係がない?よくもぬけぬけとそんなことがいえたものですね。この調子だと福島県民にガンや白血病の患者が出ても責任会費を図るでしょう。しかし、そうなったら東京電力は日本国民全てを敵にまわすことになりますけどね。

チェルノブイリ小児病棟~5年目の報告~という番組でチェルノブイリでは事故から1年後に子どもの白血病患者が出たとあります。これは広島の原爆投下のときと同じということです。

日本政府は今からでも対策を採るべきです。知らなかったという言い訳は一切通りません。そのときは福島県民は国家損害賠償を起こすべきでしょう。

コメントの投稿

Secre

検索フォーム
最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
QRコード
QR
アクセス解析
太陽光発電 悪徳業者
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブックマーク登録
月別アーカイブ
プロフィール

やまちゃん

Author:やまちゃん
面白いニュースや気になる情報を集めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。